これまでの在来木造住宅の断熱は内断熱工法が多く使われ、断熱材は壁の内部に充填
されていました。
外張り断熱では、壁内部ではなく柱や梁の外側に断熱材があることが大きな違いです。
断熱材が柱、梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、また、コンセント・配線・
配管なども自由になり、断熱効果の妨げになりません。この断熱材の位置の違いが、高気密、高断熱という夏は涼しく、冬は暖かい住み心地の良い家を実現します。


                今までの住宅(内断熱工法) 

      ・夏、冬ともに冷房費、暖房費がかさむ
      ・各部屋毎に温度が違う
      ・外部と内部の温度差によって結露が起きカビ・ダニの繁殖
      ・結露によって木材の耐久性の低下

                    外断熱工法

      ・冷暖房は一定の温度に家全体を保つことができ、
       2階まで吹き抜けのリビングなど大空間が可能
      ・気密が高いため、冷房費、暖房費のランニングコストがDOWN
      ・イニシャルコスト(建築費)は、一坪当たり約3万円UP(分離発注の場合)
      ・柱、梁をすっぽり断熱材でつつむため、構造躯体部分での温度差が小さく
       結露も極めて起きにくくなる
      ・柱、梁で木材が直接空気にふれていることで、木材の呼吸を可能にし、
       耐久性も向上する

       ※外断熱工法は、内断熱工法に比べ多くの長所を含んでいます。


              外張り断熱材ネオマフォームの紹介


―――――――――――――――――――