建物概要 木造2階建
所 在 地 茨城県守谷市
延床面積 198.32u (59.875坪)
竣  工 平成20年7月
そ の 他  外断熱工法による
      高気密高断熱
 
キッチンからパントリーへ、そして洗面所へ、家事のしやすい動線を計画


キッチン
リビング・ダイニング
開放感のあるリビング
リビングから見たダイニング
リビング・ダイニングは急な来客時などに間仕切ることができる
ホールからLDへ
シンプルな鉄骨階段
引き違い戸の玄関
大容量の下駄箱
明るさを考慮した階段ホール
ワークスペースのある洋室
ロフトから風抜きの戸を設け通風も考慮している
ロフトのある洋室
2階ホールから階段下をみる
ガラスブロックから中廊下へ光がこぼれる
家族みんなで使えるファミリースペース
2階ホール
外観(早朝)
リビング、応接室へつながるウットデッキ
和室、洋室の縁側
ウットデッキからリビングを見る
外観
弊社からほど近い守谷市。近年、つくばエクスプレス開通などにより県内でも住みやすい街として新興住宅街が多くなっています。
そんななか、建て主は元々の地元の方です。家族構成の変化に対応できる住まいを望まれての建て替えとなりました。
夏は風が通り抜け、冬は暖かい家、外断熱工法とオール電化を希望され、
地元の来客が他の家族に気兼ねしないでいられる間取りづくり≠コンセプトに計画がはじまりました。
敷地は細長く、南に対してほぼ45度ふれていたため、リビングの開口を真南に向けた計画となっています。
通風については、ハイサイド窓の設置効果もあり、風が通りぬけます。
床暖房設備の希望もありましたが、こちらで提案した「土壌蓄熱式輻射暖房システム サーマスラブ」を採用。
基礎の下に敷き込むこの暖房設備は、深夜電力を利用するため、ランニングコストを大幅に軽減、また、一般
暖房器のような局所暖房ではなく家全体を暖房する輻射暖房。自然に近い暖かさで快適な暮らしをされています。
多用途に使用できる談話室、ウットデッキからも出入りできる
「サーマスラブ」は基礎の下全面に敷き込みます
リビング・ダイニング